大阪・神戸への修学旅行・遠足 ガイドブック 『阪神遠足』地歴教材 事前学習 大阪・神戸への修学旅行・遠足 ガイドブック 『阪神遠足』地歴教材 事前学習
古代で起きたこと、 戦国下克上で生じた事実、知らないうちに引かれたライン。
万博開催都市として、必要なモノづくりを世界へ向けて牽引していく、
阪神に潜む“力”を探る一冊です。
知りたい、歩いてみたい、育まれた知恵。
おもしろくて、色鮮やか。
地層のように、いくつもの地歴が重なる阪神。
歩いてみると、この国の通史が見えてきます。
切れ切れになっている事実を明確にして、
つなげ、アップデートし新たな地点に立ってながめてみよう。
阪神遠足


~9つのポイントと6つの単元~

阪神の地形
発見発見
山・川・海を基点にこの国の足跡を辿ります
阪神の地形

伝説の人物
発見発見
阪神各地に残るゆかりの人物と地歴を見ていきます
伝説の人物

戦乱の時代
発見発見
南北朝争乱の全国図 戦乱から身を護る環濠都市って?
戦乱の時代


宣教師と阪神
発見発見
来日した宣教師とカトリック信徒とのその後を見ます
宣教師と阪神

近代への力
発見発見
今につながる阪神の力と新しい試み、天災への対応など
近代への力


B5横型 88ページ フルカラー 1000円+税
キーワード
阪神って何だろう?/戦の現場である苦難と工夫/受け入れ磨かれてきたもの/約2750年前からの地歴の要素/根底を構築した4人の時代/氏族と技術/水の都の原点/聖徳太子の48年間/聖武天皇と行基/淡路島が伝える史実/臣籍降下から始まった対立軸/光厳天皇からの目線/茶道はなぜ流行ったのだろうか/阿波から堺へと続く道/カトリック派の遷移/鉄道事業と共に/遠足からENSOKUへ 他

阪神遠足 もくじ
【はじめに】
阪神遠足のコツ
9つのポイントから阪神をみてみよう
❶阿波❷甲山❸和田岬❹三国ヶ丘❺四天王寺❻高槻❼泉州❽金剛山❾飯盛山
1 ぐるっと大阪湾!
2 四天王寺ができあがる
3 阪神間の大混乱
4 身内の利権争いから戦国へ
5 イエズス会と大坂の陣
6 ものづくりの近代化

厳選!! 阪神の史跡
【おわりに】



ぐるっと大阪湾!



『遠足シリーズ』は小・中学生から大人の方まで
幅広く読んでいただけるガイドブックです。
大人の方にはこれまでの「なぜ?」の解決や次の旅の計画に、
小・中・高等学校では遠足の学習補助教材として使われています。
学習補助教材 遠足シリーズ
3冊で日本の地歴がわかる遠足シリーズ
4冊でこの国の成り立ちがわかる遠足シリーズ